外資系証券会社 転職

世界的に活躍できる外資系証券会社は、金融に携わる人間ならば、一度は勤めてみたい職場です。

 

外資系の中でも実力主義の風潮が強い金融業界ではありますが、
それだけに結果を出せた時の報酬の金額は日本企業の平均年収を大きく上回るケースがよく見られます。

 

外資系証券会社の転職対象地域は、日本国内の支社や店舗で勤めるタイプか、
あるいは、海外の支社などで直接勤務するタイプのどちらかです。

 

中国を筆頭とする東南アジアの発展は著しく、
日本に近い外国での勤務も受け入れられると、一気に応募できる求人の数が増加します。

 

外資系証券会社は、世界的な金融街に大きな拠点を構えていることが多いので、
アメリカやヨーロッパで仕事ができるチャンスもありますが、まず日本国内の支社などで実績を上げることが必要です。

 

 

転職サイトでは、必要な人材をピンポイントで募集する外資系証券会社の求人も豊富に取り扱っており、
自分のキャリアとスキルを必要としている求人とのマッチングも行ってくれます。

 

 

外資系証券会社への転職は一般的に公募されている場合と、非公開で転職サイトに登録した人材の中で条件を満たした方にだけ
オファーを出す場合の2種類があるので、
外資系に強い転職サイトに登録しないと、公開されている求人情報しか閲覧できないので気をつけましょう。

 

 

外資系証券会社は、日本企業のように色々な部署を経験させることは少なく、
預かった資金を運用するトレーディング部門ならトレーダーの募集、
市場調査ならリサーチの募集といったように、必要とするプロフェッショナルな人材をストレートに採用します。
海外勤務と明記されていない限り、基本的に日本国内の支社で勤務する内容で、世界的な金融に関われる点が大きな魅力です。

 

 

ただし、一部の部門では高い学歴を求められるので、
日本国内の上位に位置する大学か、海外への留学などを経験して学位を取るか、あるいは、日本国内の金融機関で成果を出し、
その実務経験によって転職活動をしなければいけません。

 

 

富裕層を相手とするプライベートバンキングが活発であるのも外資系証券会社の特徴で、
世界的な富豪から大きな資金を預かってのダイナミックな運用は他では味わえない仕事です。

 

こちらの部門では学歴よりも実績が重要となっており、現在の仕事ですでにプライベートバンキング部門に勤めている場合は、
転職によって顧客を引っ張ってこられると高評価になります。

 

 

 

外資系証券会社の場合、部門によってはあまり語学力を要求されないものの、同僚や上司が外国人であるケースが多く、
さらには現在の市場動向といった最新情報を関係者から聞き取る意味でも、やはりビジネスレベルの英語力があった方が有利です。

 

日本と海外では求人への応募のプロセスも異なっているので、
外資系の流儀に慣れている転職サイトを利用した方が、より確実な転職活動ができます。
応募の際に提出する書類としては、日本の定型の履歴書ではなく、自由形式の職務経歴書に近い内容になり、
自分のこれまでの実績を具体的な数字で記載するなどのテクニックが欠かせません。

 

 

面接についても、自分の市場価値を強くアピールするぐらいで適切であり、
同じく転職サイトによるアドバイスを受けておいた方が安全です。
外資系証券会社の求人は、コンサルタントが人材とのマッチングを行う転職サイトに非公開で出されて、
それに適合する人材が登録した時点で個別に求人を紹介する形式が多く見られます。

 

 

ハイエンドな人材向けの人材紹介のサイトでは、
登録してから初回の面談までがセットになっていて、外資系証券会社の転職先を紹介してくれる場合もあります。
自分で直接応募できるタイプとしても、
外資系証券会社で評価される応募書類の作成と、海外ベースの面接になるので、十分な対策を行っておくのが鉄則です。